ビビビッ

Web、サーバ、ソフトウェア、バグ・脆弱性 などの情報を何人かで集まって書いていく IT/Web情報系ブログ

【ラズパイ】Raspberry Pi B+にタッチパネルディスプレイを装着

投稿日:   投稿者:ktm@s

Raspberry Pi B+に3.5インチ液晶タッチパネルをつけたのでドライバのインストールなどをメモしておく。

設定

スポンサーリンク

購入したタッチパネル

タッチパネルはKumanとかいう謎メーカーのものを購入した。
ぬるぬる動くわけではないが、動作も梱包も品物も特に文句はなかった。タッチペン付き。

タッチパネルの装着

箱から取り出したものをそのままGPIOピンに差し込むだけ。

ドライバのインストール

ドライバCDが付属しているが無視でよい。
このタッチパネルはいわゆるパチモンなのだが、本家のドライバがそのままで動くのでそっちを使う。

現在161112が最新バージョンのようなので以下のコマンドは161112のものになるが、最新バージョンが確認されたら日付部分を変更すると良いだろう。

http://www.waveshare.com/wiki/3.5inch_RPi_LCD_(A)

まずはHDMIで適当なモニタに繋ぐかsshでラズパイに繋ぐ。
適当なディレクトリ(わからなければ cd ~)に移動してドライバをDLする

wget http://www.waveshare.com/w/upload/4/4b/LCD-show-161112.tar.gz

ダウンロードしたドライバの展開

tar xvf LCD-show-161112.tar.gz

ドライバをインストールする

cd LCD-show
./LCD35-show

ラズパイを再起動すればちゃんと表示されるはず。

デスクトップに自動ログインさせる

自分の環境では再起動以降に自動でデスクトップにログインされるようになったが、されない場合は液晶が黒い画面で左上のほうに白いアンダーバーが点滅してるような感じになると思う。

そういった場合、デスクトップに自動ログインさせる設定を行えばよい。

sudo raspi-config
  1. Select Expand Filesystem. を選択
  2. Boot Option の Desktop Autologin を選択

何かの拍子に表示されなくなった場合

設定をつつきまわしてたら表示されなくなったが、ドライバを再度インストールしなおしてやると解決した。
困ったらとりあえず入れなおして再起動。

./LCD-hdmi
./LCD35-show

あとがき

出力を見たかったりタッチで何か実行させたりするなら十分すぎるものだった。

- Raspberry Pi, Raspbian , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading Facebook Comments ...

関連記事