Web、サーバ、ソフトウェア、バグ・脆弱性 などの情報を何人かで集まって書いていく IT/Web情報系ブログ

【epub maker】画像を電子書籍(epub)にするソフトつくったよ【epub 3対応】

投稿日:   最終更新日:2017/08/03  投稿者:nk.

先日、Kindle Comic Creator用の目次編集ツールを作ったわけだが、どうやら他のファイル形式でもなかなかいいソフトがないらしい。
というわけで、今回は楽天とかで使えるepubファイルを作れるソフトを作った。
画像をまとめてepubにするだけのソフトなので、普通の文書などには対応していない。
ただし、自炊したjpegファイル群をepubに変換する際には使えると思う。

今回のソフトを作るにあたって、ヤマノスのLV3さんに大変お世話になりました。この場をお借りして御礼申し上げます。
また、説明で用いている漫画素材の利用も快く承諾していただきました。重ねて御礼申し上げます。

表示例として用いているepubリーダーにはReadiumを用いています。

使い方

画像ファイルを用意する

電子書籍にしたい画像ファイルをまず用意してください。
1冊(?)の電子書籍にできる最大のファイル数は9999枚です。

スポンサーリンク

epub makerをDLする

下記リンクよりDLできます。

“epub maker” をダウンロード epub-maker.zip – 317 回のダウンロード – 21 KB

v1.4は、なぜかカスペルスキーではウィルス扱いされますが、誤検出です。
誤検出されないよう、カスペルスキーにファイルを提出しています。
カスペルスキーをご利用の方は、信頼リストに設定したフォルダにファイルをダウンロード、解凍してください。
v 1.4のZIPファイルが壊れているかもしれないとの報告がありました。カスペのせいで検証できないのですが、違うマシンから確認したいと思うのでしばらくお待ちください。
問題なく起動できるようです!確認してくれたktm@sありがとう。

もしくは、v1.3を利用してください。

“epub maker 1.3” をダウンロード epub-maker.1.3.zip – 223 回のダウンロード – 20 KB

v1.3は縦書き・横書き設定がない点以外は同じです。

解凍

DLしたファイルを解凍します。

起動

epub-maker.exeを起動してください。

画像の読み込み

「画像リスト」タブを開き、画像の入ったフォルダを灰色の部分にドラッグアンドドロップします。

すると、そのフォルダの中にある全ての画像(JPEG, PNG, GIF, BMP)がリストアップされます。
画像ファイルだけをドラッグアンドドロップしても追加可能ですし、「画像の追加」メニューからも追加できます。

画像リストの1枚目は表紙として設定されます。

画像をプレビュー表示しているため、画像の追加には時間がかかります。
私の環境では100枚で数秒でした。
固まっているように見えるかもしれませんが、処理は続いているので強制終了等はしないでください。

表示設定

「表示側」を設定することで、ページのどの部分に画像を表示させるか設定できます。

見開きに設定

epub表示ソフト(ビューワー)が対応している場合、ページの表示を「右、左、右、左・・・」に設定すると見開きに設定できます。
いちいち切り替えるのが面倒な場合、「画像の追加」メニュー→「見開き設定」→「表紙以外全て見開き」を選択すると、自動的に、表紙だけが中央、以降全て「右、左、右、左・・・」に設定されます。

見開き時の中央余白(いわゆるノド)の設定は「高度な設定」で説明します。

見開きで設定すると以下のようになります。

「基本情報」の「本を開く方向」を「横書き・洋書」にしてから見開き設定を適用すると、左右の順番が逆になります。

全て単一ページで表示

同様に、全て単一ページで表示させたい場合は、「画像の追加」メニュー→「見開き設定」→「一括指定」→「全て中央」等で行えます。

目次設定

目次の設定方法は、ncx editorとほぼ同じなので、こちらの記事を参照してください。

著者情報

「著者情報」タブから、著者情報を設定できます。
「著者を追加」ボタンから、著者を追加し、各項目を編集します。

副次的な著者(直接著作には関わっていないが、著作に関連する人)は「役割」を「協力者」に設定します。

著者情報を保存/復元

複数の書籍を発行する場合、いちいち著者情報を入力しなおすのは面倒だと思います。
「著者情報」メニュー→「著者情報の保存」で、現在入力されている著者情報をファイルに保存します。
保存した著者情報ファイルは復元できます。

基本情報の設定

書名等の基本情報の設定をするには「基本情報」タブを開きます。

高度な設定

表紙のサイズに強制リサイズ

画像のサイズを表紙のサイズに強制的にリサイズできます。
ただし、Windows標準搭載のアルゴリズムでリサイズを行っているため、補完処理が賢くない可能性があります。
専用のリサイズソフトをお持ちの場合、そちらを利用したほうが良いでしょう。

リサイズ時のファイル形式

リサイズするときのファイル形式を指定できます。
PNGにすると画質は保たれますが、オリジナルがJPEGの場合はファイルサイズが大きくなる場合があります。
JPEGにするとファイルサイズは抑えられる(ただし色数が多い場合のみ)ものの、画像は劣化します。

見開き時の中央余白

いわゆる「ノド」の設定ができます。
ページ幅の都合上、4px単位になります。
全て中央表示にしている場合、この余白はページ左右の余白(左右それぞれこの項目の1/4ずつ)になります。
余白を入れた場合、画像のサイズは変わりませんが、ページの横幅は余白分増加します。

余白に20pxを指定した場合の表示例

余白のサイズは実際には画像の描画サイズに依存します。
ビューワーで縮小表示している場合、余白も縮小されます。

その他

epubのバージョン

epub 3対応です。

epubのvalidation

Pagina EPUB Checkerでエラーが出ないことを確認しています。
EPUB Checkerのバージョンは1.7.1です。

要望・質問等

要望・質問等があればこの記事にコメントを残してください。
ただし、私はしがないプログラマであって漫画の作り手ではないので、漫画自体に関する質問は答えられません。
要望もめんどくさかったらなかったことにします。

めんどくさかったからなかったことにした要望

  • 画像のプレビュー時、見開き設定時は2枚横に並べて表示してほしい

バグ扱いされそうな仕様

保存する際に2バイト文字を使うとEPUB Checkerでエラーが出るようになる

仕様です。
ネット上でファイルを配布する際に普通2バイト文字は使わないのでさほど問題はないと考えています。
epub 3.01におけるファイル名の仕様を見るとマルチバイト文字を使うな(ASCII範囲でないといけない)とはないので、むしろEPUB Checkerがepub 3.01の仕様に対応していないだけだと思います。

バージョンアップ情報

v.1.4

縦書き・横書き設定を忘れてたので追加。

- C# ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事