Web、サーバ、ソフトウェア、バグ・脆弱性 などの情報を何人かで集まって書いていく IT/Web情報系ブログ

RadminVPN(無料)を使ってEpic版Saints Row the Third Remasteredのオンラインマルチをする

投稿日:   投稿者:nk.

先日、Epic Games Storeにて、Saints Row the Third Remasteredが無料配布されました。
往年の神ゲーのリマスター版の無料配布とあって、知り合いも含め入手を促し、皆にインストールしてもらっていました。
先日機会を得たのでいざマルチをするか!と思い立ち、立ち上げたまでは良いのですが、オンラインマルチができません。
軽く日本語でググっても情報が出てこなかったのですが、英語で検索すると情報が出てきました。
自分はこのゲームが大好きなので、皆にもやってもらうべく、日本語でオンラインマルチのやり方を説明します。

情報引用元は以下の2つです。
Saints Row 3 Remastered Co-Op Not Working (2021)
HOW TO GET EPIC GAMES: SR 3 remastered COOP working!!

なお、自分は以下の方法でオンラインマルチができましたが、この記事は同じやり方をすればできると保証するものではなく、導入するソフトや設定変更が安全であると保証するものでもありません。
自己責任でお願いします。

しっかし、Epicで配ってるゲームってSteamで同じのがあったとしてもこっちでだけマルチができないバグが多い気がするんだけど、どうなってんの?

用意するもの

Radmin VPN(無料)
(VPN、すなわちVirtual Private Networkなので、作動原理としては無理やりローカルネットワーク認定させて接続させている感じだと思われます)

上リンクよりRadmin VPNをDLします。

Radmin VPNをインストールします。

起動すると以下のような画面になります。

Radmin VPNの設定

SR3でホストする側の設定

一度、ソフト上の電源ボタンのようなものをクリックし、オフライン状態にしてもう一度クリックし、オンラインに戻します。

メニューの「ネットワーク」→「新しいネットワークを作成します。」を選びます。

ネットワーク名とパスワードを入力します。ネットワーク名は何でもよいのですが、ほかに作った人と被らないような名前にしましょう。すでに誰かが作ったネットワーク名だとエラーになります。

追加するとこんな感じになります。

ゲストで参加する人にネットワーク名とパスワードを伝え、接続してもらいます。
接続してもらうと、電波アイコンのようなものが出ます。これでRadmin VPNの設定は完了です。
Saints Row the Thirdに移ります。

SR3でゲスト参加する側の設定

一度、ソフト上の電源ボタンのようなものをクリックし、オフライン状態にしてもう一度クリックし、オンラインに戻します。

メニューの「ネットワーク」→「既存のネットワークに参加します。」を選びます。

「プライベートネットワーク」タブのほうで、ホスト側の人に教えてもらったネットワーク名とパスワードを入力します。

接続すると、電波アイコンのようなものが出ます。これでRadmin VPNの設定は完了です。
Saints Row the Thirdに移ります。

Saints Row the Thirdでの接続

ホスト側

メニューの「協力キャンペーン」→「オンライン」→「ニューゲーム」もしくは「ロード」
セーブデータを選んだあとの「フレンドの招待」の画面では、誰も招待せず「戻る」ボタンを押します
そしてゲストが接続するのを待ってください。

ゲスト側

ホスト側がロード完了するのを待っていください。
その後、メニューの「協力キャンペーン」→「オンライン」→「フレンドに合流する」
そしてホストの人の名前を選びます。
もし接続に成功したら、ホスト側に接続を許可するかどうかの確認画面が現れます。
これでオンラインマルチができるはずです。

- Radmin VPN, Saints Row the Third Remastered, VPN , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事