Web、サーバ、ソフトウェア、バグ・脆弱性 などの情報を何人かで集まって書いていく IT/Web情報系ブログ

【NODO epub maker】画像を電子書籍(epub)にするソフトつくったよ【epub 3対応】

投稿日:   最終更新日:2021/09/02  投稿者:nk.

先日、Kindle Comic Creator用の目次編集ツールを作ったわけだが、どうやら他のファイル形式でもなかなかいいソフトがないらしい。
というわけで、今回は楽天とかで使えるepubファイルを作れるソフトを作った。
画像をまとめてepubにするだけのソフトなので、普通の文書などには対応していない。
ただし、自炊したjpegファイル群をepubに変換する際には使えると思う。

最大の売りは、見開きページ設定時にノド(ページ中央余白)を設定できること。んkさんが知っている限り、この機能は他のepub作成ソフトにはない(少なくとも開発開始時は。今はあるかもしれないし前からあったかもしれない)。ちょっと研究した。がんばった。

今回のソフトを作るにあたって、ヤマノスのLV3さんに大変お世話になりました。この場をお借りして御礼申し上げます。
また、説明で用いている漫画素材の利用も快く承諾していただきました。重ねて御礼申し上げます。

表示例として用いているepubリーダーにはReadiumを用いています。

使い方

画像ファイルを用意する

電子書籍にしたい画像ファイルをまず用意してください。
1冊(?)の電子書籍にできる最大のファイル数は理論上は9999枚です。
ただし、実際にはOSのメモリ割り当て量の上限があるため、元のファイルの容量にもよりますが、モノクロ画像のPNGリサイズ実行時で1000枚程度です。リサイズなしだと2000枚ぐらいはいけると思います。

スポンサーリンク

epub makerをDLする

下記リンクよりDLできます。

“nodo epub maker 1.7” をダウンロード nodo-epub-maker.1.7.zip – 302 回のダウンロード – 38 KB

v1.7です。
メモリ効率を向上させ、1.6では400枚程度が上限だったのを引き上げました。

以下、古いバージョンも置いておきますが、あえて利用する意味はないと思われます。

“nodo epub maker 1.6” をダウンロード nodo-epub-maker.1.6.zip – 982 回のダウンロード – 38 KB

v1.6はメモリ軽減機能(サムネプレビュー非表示)つき。
引き続き、1.5.1も公開中。

“nodo epub maker” をダウンロード nodo-epub-maker.1.5.1.zip – 20852 回のダウンロード – 21 KB

v1.5.1は誤検出もされないようになりました。
また、名前をNODO epub makerに変更しました。
詳しいアップデート情報は記事下部で。

まだ誤検出される場合、Windows Defenderの誤作動だと思われます。
コメント欄を参考にして頂くとダウンロードできます。
フォルダの除外の仕方はMicrosoftのサイトで確認できます
あるいは、Windows defenderを手動アップデートしてみてください。

安定版(v1.3)も引き続き公開しておきます。

“epub maker 1.3” をダウンロード epub-maker.1.3.zip – 16230 回のダウンロード – 20 KB

解凍

DLしたファイルを解凍します。

起動

nodo-epub-maker.exeを起動してください。

画像の読み込み

「画像リスト」タブを開き、画像の入ったフォルダを灰色の部分にドラッグアンドドロップします。

すると、そのフォルダの中にある全ての画像(JPEG, PNG, GIF, BMP)がリストアップされます。
画像ファイルだけをドラッグアンドドロップしても追加可能ですし、「画像の追加」メニューからも追加できます。

画像リストの1枚目は表紙として設定されます。

画像をプレビュー表示しているため、画像の追加には時間がかかります。

私の環境では100枚で数秒でした。
固まっているように見えるかもしれませんが、処理は続いているので強制終了等はしないでください。
設定でプレビューをオフにするとすぐ追加されます。

表示設定

「表示側」を設定することで、ページのどの部分に画像を表示させるか設定できます。

見開きに設定

epub表示ソフト(ビューワー)が対応している場合、ページの表示を「右、左、右、左・・・」に設定すると見開きに設定できます。
いちいち切り替えるのが面倒な場合、「画像の追加」メニュー→「見開き設定」→「表紙以外全て見開き」を選択すると、自動的に、表紙だけが中央、以降全て「右、左、右、左・・・」に設定されます。

見開き時の中央余白(いわゆるノド)の設定は「高度な設定」で説明します。

見開きで設定すると以下のようになります。

「基本情報」の「本を開く方向ページ送り順」を横書き・洋書左から右
」にしてから
見開き設定を適用すると、左右の順番が逆になります。

全て単一ページで表示

同様に、全て単一ページで表示させたい場合は、「画像の追加」メニュー→「見開き設定」→「一括指定」→「全て中央」等で行えます。

目次設定

目次の設定方法は、ncx editorとほぼ同じなので、こちらの記事を参照してください。

著者情報

「著者情報」タブから、著者情報を設定できます。
「著者を追加」ボタンから、著者を追加し、各項目を編集します。

副次的な著者(直接著作には関わっていないが、著作に関連する人)は「役割」を「協力者」に設定します。

著者情報を保存/復元

複数の書籍を発行する場合、いちいち著者情報を入力しなおすのは面倒だと思います。
「著者情報」メニュー→「著者情報の保存」で、現在入力されている著者情報をファイルに保存します。
保存した著者情報ファイルは復元できます。

基本情報の設定

書名等の基本情報の設定をするには「基本情報」タブを開きます。

高度な設定

表紙のサイズに強制リサイズ

画像のサイズを表紙のサイズに強制的にリサイズできます。
ただし、Windows標準搭載のアルゴリズムでリサイズを行っているため、補完処理が賢くない可能性があります。
専用のリサイズソフトをお持ちの場合、そちらを利用したほうが良いでしょう。

リサイズ時のファイル形式

リサイズするときのファイル形式を指定できます。
PNGにすると画質は保たれますが、オリジナルがJPEGの場合はファイルサイズが大きくなる場合があります。
JPEGにするとファイルサイズは抑えられる(ただし色数が多い場合のみ)ものの、画像は劣化します。

見開き時の中央余白

いわゆる「ノド」の設定ができます。
ページ幅の都合上、4px単位になります。
全て中央表示にしている場合、この余白はページ左右の余白(左右それぞれこの項目の1/4ずつ)になります。
余白を入れた場合、画像のサイズは変わりませんが、ページの横幅は余白分増加します。

余白に20pxを指定した場合の表示例

余白のサイズは実際には画像の描画サイズに依存します。
ビューワーで縮小表示している場合、余白も縮小されます。

その他

epubのバージョン

epub 3対応です。

epubのvalidation

Pagina EPUB Checkerでエラーが出ないことを確認しています。
EPUB Checkerのバージョンは1.7.1です。

v1.5.1より、epubcheck 3.0.1でもエラーが出ないことを確認しました。
というかv1.3だとepubcheckでエラーが出ます。C#の標準ライブラリがクソだった。epubcheckのヘッダ検査も決めうちでクソだった。

要望・質問等

要望・質問等があればこの記事にコメントを残してください。
ただし、私はしがないプログラマであって漫画の作り手ではないので、漫画自体に関する質問は答えられません。
要望もめんどくさかったらなかったことにします。

めんどくさかったからなかったことにした要望

  • 画像のプレビュー時、見開き設定時は2枚横に並べて表示してほしい

バグ扱いされそうな仕様

保存する際に2バイト文字を使うとEPUB Checkerでエラーが出るようになる

仕様です。
ネット上でファイルを配布する際に普通2バイト文字は使わないのでさほど問題はないと考えています。
epub 3.01におけるファイル名の仕様を見るとマルチバイト文字を使うな(ASCII範囲でないといけない)とはないので、むしろEPUB Checkerがepub 3.01の仕様に対応していないだけだと思います。
こんなしょーもないとこでエラー扱いされるのも癪なんでv1.5.1はマルチバイト文字を使っても怒られないようになってるはずです。たぶん。知らんけど。

バージョンアップ情報

v.1.7 (2021/09/02)

サムネ非表示状態でもソートするとサムネが表示されていたのを修正。
メモリ利用効率を上昇させ、最大収納枚数を3~4倍ぐらいにはできた。ただし実行速度はそれに伴って低下した。

v.1.6

メモリ軽減機能(サムネ非表示)オプションをつけた。これで読み込み速度が上昇し、メモリ消費量が劇的に減少する。
デフォのページタイトルを「page-n」からファイル名に変更。

v.1.5.1

名前を「NODO epub maker」に変更
epubcheck 3.0.1対応
ファイル名を自動ソートする際のアルゴリズムを自然順に変更
リサイズしていない時のepub全体の縦幅・横幅を表紙にあわせるのではなく、利用している画像の中で最大幅のものにあわせるように変更(一部epubリーダーで画像下部が見切れる現象はこれで直るかもしれない。わからんけど。)

v.1.4

縦書き・横書き設定を忘れてたので追加。

- C# ,

Comment

  1. くろくろ より:

    コメント失礼します!
    この素晴らしいプログラムを作ったことに感激し愛用させていただいております!
    誠にありがとうございます。
    もしよろしければ改良して欲しいことが1つあります。。。
    それはファイル名で自動ソートした時に、
    1.jpeg 2.jpeg 3.jpeg•••とはならずに
    1.jpag 10.jpeg 100.jpeg ••••2.jpeg 20.jpeg••••となってしまいページの順番が狂ってしまうところを直して欲しいです、、、、
    今は他ツールでファイル名を0001としてやっていますが結構な手間なので出来ればこのソフト1つで済むのであれば神ソフトですのでどうかよろしくお願いいたします。

    最後にいろいろわがままを言ってしまい申し訳ありません。しかし本当にすごいソフトだと思っていますのでよろしくお願いいたします。

    • ktm@s より:

      epub makerを使って頂いてありがとうございます。
      nk.が多忙のため代理としてお返事します。

      まずソート順に関してですが、対応に関して技術的な障害はありませんが、前述の通りnk.に時間が無いため時間が取れ次第対応させて頂きます。
      長い目で見守ってください。

      epub出力で下側が見切れる件に関してですが、そちらはお話だけでは原因がわかりません。
      よければ見切れたepubとその際使っていた設定をktm@s宛にメールで送って頂けると助かります。

      • くろくろ より:

        見切れたファイルは消してしまってないのですが、、、
        確か画像を追加して見開き設定などは行わず書き出した時になった気がします。

  2. くろくろ より:

    あと書き忘れてしまったのですが、epubに出力すると画像の下側が切れてしまうのですが何か設定すれば直りますか?

  3. のんのん より:

    コメント失礼します。こちらのソフトを使わせて頂いたのですが、readiumで表示する分には、きちんと表示がなされるのですが、スマートフォンにそのデータを移し、gitdenreader、ibooks等を用いたところ、画像下部が見切れるという症状が出ました。画像は表紙サイズに合わせられ、以後同じサイズで表示されています。変換を行った時の設定としては、基本設定の表示に関するチェックボックスは触れず、見開き設定を表紙以外全て見開きと設定しました。

    • nk. より:

      のんのんさん

      情報ありがとうございます。
      よければ画像の縦横サイズを教えていただけませんか。(スマホの縦横比より画像の縦の長さの割合が長いと見切れてしまうのかも・・・?)
      また、表紙と本編画像の元の縦横サイズは異なりますか?(リサイズ機能を使いましたか?)

      一番分析しやすいのは、その見切れるepubファイルをいただくことなのですが、それは可能でしょうか。

      ついさっき帰ってくるぐらいに多忙なので修正には時間がかかりそうです。
      お手数をおかけして大変申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

  4. のんのん より:

    pcのビューワーで見る限り、このソフトは素晴らしいものでした。ありがとうございました。

  5. くろくろ より:

    お疲れ様です。
    v1.5.1早速使わさせていただきました!
    対応早すぎて驚いております!
    お忙しいのに希望に沿った変更をしていただきありがとうございます。

  6. ムーン より:

    nodo epub maker 1.5.1 がダウンロードできません。
    何度も試しましたがウイルスが含まれている為削除、となってしまいます。
    epub maker 1.3 は問題なくダウンロードができて、使ってみたのですが
    とても素晴らしいソフトで何年も試行錯誤してあきらめかけていたことが
    簡単にできて感動しています。
    ただ、ページの開きが右から左にしかできず、是非 nodo epub maker 1.5.1 を使わせて頂きたいのですが。何か方法があれば教えてください。

    あと、1ページが横長の1枚画像原稿なのですが、タブレットを縦にしたときは1ページ(1枚画)ずつ見れるように設定できたのですが、タブレットを横にしたときは、見開き2ページ(横長ページが2ページ分横並び)になってしまいます。タブレットを横にした時にも1ページ(1枚画)のみの表示に設定することはできますでしょうか。

    • nk. より:

      > 何度も試しましたがウイルスが含まれている為削除、となってしまいます。
      お使いのウィルス対策ソフトを教えて頂いてよろしいでしょうか。
      国内主要ベンダーでは誤検出されないようになっているはずなのですが……
      もしかしたらムーンさんの使っているウィルス対策ソフトの定義ファイルが古い可能性もあります。

      > タブレットを横にした時にも1ページ(1枚画)のみの表示に設定することはできますでしょうか。
      「見開き設定」を「全て中央」にしてもそうなるのでしょうか。
      もしかするとタブレットに入っているepubリーダのソフトが対応していない(横にすると常に2枚表示にしてしまう?)のかもしれません。

  7. ムーン より:

    ご連絡ありがとうございます。どうやら Windows Defender の最新版が原因でインストールできなかったようです。Windows Defender の設定でウイルススキャンをしないフォルダを作ってインストールしたら無事インストールできました。Windows Defender 以外のウィルスソフトでスキャンしても問題なかったので、これが原因かと思います。

    タブレットを横にした時の見え方について、
    iphoneのiBooksで見て前回の書き込みのように書きましたが、縦画面でも画像をピンチして小さくすると、横画面同様に1ページに2枚の画像が横並びになってしまってました。
    「見開き設定」を「すべて中央」にしても同じ状況だったので、各ページを2分割してすべて見開き設定にしたところ、横画面でも縦画面でも正常に見れるようになりました。
    ただ、変換に失敗することが多く、10回試して一度だけ成功しました。何故かは不明ですが、2分割したことでページ数が154ページと大量のページになったからでしょうか。もし理由が分かればうれしいです。

    とにかく無事1ファイル完成しました。本当に素晴らしいソフトで感動しています。
    ありがとうございました。

    • nk. より:

      > Windows Defender の設定でウイルススキャンをしないフォルダを作ってインストールしたら無事インストールできました。
      解決できたようでよかったです。
      Windows Defenderは盲点でした。

      > iphoneのiBooksで見て前回の書き込みのように書きましたが、縦画面でも画像をピンチして小さくすると、横画面同様に1ページに2枚の画像が横並びになってしまってました。
      iPhoneを持っていないので残念ながらこちらでは確認できないのですが、もしかするとiBooksの仕様なのかもしれませんね。

      変換に失敗するというのは、メモリが足らない等のエラーが出るのでしょうか。
      お手数でなければ、詳細を教えて頂ければと思います。

  8. ムーン より:

    変換に失敗した際のエラーメッセージは以下のようなものでした。

    ——-

    アプリケーションのコンポーネントで、ハンドルされていない例外が発生しました。、、、、、メモリが不足しています。

    Just-In-Time (JIT) デバッグを有効にするには、このアプリケーション、またはコンピューター (machine.config) の構成ファイルの jitDebugging 値を system.windows.forms セクションで設定しなければなりません。アプリケーションはまた、デバッグを有効にしてコンパイルされなければなりません。

    JIT デバッグが有効なときは、このダイアログ ボックスで処理するよりも、ハンドルされていない例外はすべてコンピューターに登録されたJIT デバッガーに設定されなければなりません。

    ———
    すいません。なんのことやらわかりませんが。このようなメッセージでした。

    • nk. より:

      情報ありがとうございます。
      なんとなくわかりました。

      ご指摘のとおり、枚数が多くなるとパソコンに搭載しているメモリが不足する可能性が予想されます。
      パソコンの起動直後に、他のアプリケーションを起動させずに実行すると問題は解決するかもしれません。

      このソフトでメモリを大量に消費する作業としては、ページ一覧のサムネ表示とepubファイル作成が該当します。後者はどうしようもないですが、前者は省略する(画像追加時にサムネを表示しない)ことでメモリ消費量を抑えられると思います。
      最近忙しくてなかなか時間が取れませんが、次期バージョンアップ時にはこの点を検討したいと思います。ありがとうございました。

  9. ムーン より:

    こちらこそありがとうございました。
    また素晴らしいソフトを期待しています。

  10. fooman より:

    v1.3は正常にダウンロードできますが、v1.5.1はウイルス検知に引っ掛かりダウンロードできません。

    • nk. より:

      ご連絡ありがとうございます。

      改めて大手ベンダーのウィルス対策ソフトで検証しましたが、検出されませんでした。
      おそらくWindows Defenderの誤検出なので、コメント欄を参考にすればダウンロード可能かと思います。

      Microsoftのほうにも報告を入れたいと思いますので、お使いのOSのバージョン(Windows8なのか10なのか)と、検出された名前を教えていただけないでしょうか。
      手元のWindows Defenderでは検出されなかったので、ご協力お願いできればと思います。よろしくお願い致します。

      • fooman より:

        ご返信ありがとうございます。
        下記がVer.情報になります。
        Windows 10 Pro
        Windows Defender
        マルウェア対策クライアントのバージョン: 4.12.17007.18011
        エンジンのバージョン: 1.1.14500.5
        ウイルス対策のバージョン: 1.261.1326.0
        スパイウェア対策のバージョン: 1.261.1326.0
        ネットワーク リアルタイム検査エンジンのバージョン: 2.1.14202.0
        ネットワーク リアルタイム検査の署名のバージョン: 118.2.0.0
        以上よろしくお願い致します。

        • nk. より:

          返信が遅れてすみません。
          検出されたときのウィルス名も教えて頂いてかまわないでしょうか。

          英語の資料になりますが、過去に検出されたマルウェア名の再表示の仕方は以下のアドレスにあります。
          https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/security/threat-protection/windows-defender-antivirus/windows-defender-security-center-antivirus#detection-history

          以下に拙訳ですが日本語に翻訳したものを載せます。いま手元にWindows 10がないので表示名は異なるかもしれません。

          1. タスクバー上の盾アイコンをクリックするか、スタートメニューから「Defender」を検索して「Windows Defender セキュリティセンター」のアプリを開きます
          2. 「ウィルスと脅威からの保護」のタイルか、左メニューバーの盾アイコンをクリックします
          3. 「スキャン履歴」をクリックします
          4. 各カテゴリー(現在の脅威、隔離済みの脅威、許可された脅威)の「全ての履歴」をクリックします。

          たびたびお手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

        • nk. より:

          Microsoftに検体を提出したところ、ウィルス対策のバージョンが1.261.1510.0だと検出されないようです。
          もしかするとfoomanさんのPCのWindows defenderが古いのかもしれません。

          Windows defenderの手動アップデートについては、以下の記事をご参照ください。
          https://pc-karuma.net/windows-10-defender-get-latest-definitions/

          • fooman より:

            ご対応頂きましてありがとうございました。
            Windows Defenderは昨日のアップデートはされていましたが、念のため今朝アップデートし、
            ダウンロードおよび実行可能であることを確認できました。
            自動でアップデートする設定にしておりましたが、2/19,20時点では上記のような状態でした。
            重ねて対応への感謝と、重宝するソフトを公開頂きありがとうございます!
            Have a Nice Weekend!

  11. MJ より:

    とても素晴らしいソフトをありがとうございます。

    1つ、個人的な問題がありまして、google play books にアップロードすると
    「この書籍を開くことができません」
    「この書籍には、お使いのブラウザではまだサポートされていないコンテンツが含まれています。」
    となります。ご対応して頂ければ幸いです。

    ブラウザ:chrome 71.0.3578.98(Official Build) (64 ビット)
    epub:jpg(1100*1600)500枚65MB、3枚目以降見開き

  12. とーさん より:

    非常に素晴らしいepubメーカーをありがとうございます。
    1点だけ納品した書店さんに指摘されたカ所があったので
    メールいただけませんでしょうか?

  13. 片山秀雄 より:

    写真を左右の開きページのそれぞれのに置かないで、すべて横長の各ページに1枚ずつ
    置くようには出来ませんか

    • nk. より:

      ご利用ありがとうございます。
      おそらくそれはビューワー(表示ソフト)側の設定だと思われます。

  14. 998 より:

    簡単で使い易いソフトをありがとうございます。
    個人で利用させていただいています。
    自宅でスキャンした本をepub化してスマホのアプリで読んでいます。
    そこで、これから複数の本を纏めて合本を作ろうと思っているのですが、小説で言うところの『大見出し、中見出し』のような目次を作る機能を追加していただくことは可能でしょうか?
    『~~第一巻』(大見出し)の『サブタイトル1』『サブタイトル2』(中見出し)のように表示したいのですが青空文庫形式などの小説の自炊の記事はあるのですが、漫画でそのような目次に編集するといった記事が見当たりません。
    宜しくお願いします。

    • nk. より:

      ご利用ありがとうございます。
      このソフトは基本的にシンプルにしたいと思っているので、細かい目次設定は追加しないと思います。すみません。
      一応、小見出しにしたいところの頭に空白を挿入すると目次画面の見た目としてはそれっぽくなるかとは思います。

      > 青空文庫形式などの小説の自炊の記事はあるのですが、漫画でそのような目次に編集するといった記事が見当たりません
      おそらくepubファイルならば小説でも漫画でも目次の編集は同じ要領でできると思います。

  15. まり より:

    目次に関してというか・・・
    ページ名をファイル名の拡張子抜き+オプションで番号抜きで取りこむ

    があるととても助かります・・・

    • nk. より:

      ご利用ありがとうございます。
      次回アップデート時に検討してみます。
      ただ、例えば作品名が1984だったりした場合、番号を抜く際にそれまで削られてしまいそうなので実装は難しいと思います。

  16. 名無しの人 より:

    コメント失礼します
    ページ数がおそろく500以降になると保存するときにソフトが落ちてしまいます(400は保存できました)

    • nk. より:

      > ページ数がおそろく500以降になると保存するときにソフトが落ちてしまいます
      > メモリは4gb
      ご利用いただきありがとうございます。
      おそらくメモリ不足かと思います。
      プレビュー非表示でも同様の症状が出ますか?

      • まさる より:

        すみません返事が遅くなりました。
        プレビュー非表示で見開き指定なし、目次もなしで作成しても同じようにソフトが落ちてしまいました。
        試しにタスクマネージャを開いてもう一度作成してみると開始からメモリ消費量が増え続けるのですが5秒程でメモリの上限まで行く前にストンとグラフが落ちてしまい落ちてしまいました。
        そこで一度インターネットカフェのハイスペックPCを使って同じようにファイルを作成しようとしたのですが16gbのメモリを積んだPCでも落ちてしまいました。
        9999ページまでいけると書いてありましたがあきらめて分割するしかないのでしょうか?

        • nk. より:

          わかりました。ちょっと確認してみます。

          • nk. より:

            原因がわかりました。
            これはOSが各アプリケーションに割り当てるメモリを使い切っているときに起きるエラーのようで、実際に搭載されているメモリ量に関係なく起きるようです。
            現状では画像の縦横サイズを取得して最大値を調べるためにデータをいったんすべて読み込んでからepubファイルを作成しているのですが、その結果としてメモリを使い果たしているようです。
            対応策としては、縦横サイズを取得したあとに一度読み込んだ画像データを破棄し、epubファイルを作成するときに都度読み込むという手段が考えられますが、処理時間が倍ほどかかってしまうと思われます。
            とりあえずこの線でプログラムを修正したいと思いますので、しばらくお待ちください。

        • nk. より:

          というわけで改善版の1.7を公開しました。
          おそらくこれで1000枚ぐらいはいけると思います。何かまた不都合がございましたらコメント等でご連絡いただけると助かります。

          今後も当ソフト並びに当ブログをよろしくお願いいたします。

  17. まさる より:

    先日このソフトをダウンロードしたのですが、約500ページ、合計150mb程の電子書籍を作ろうとしたところ、ソフトが終了してしまい作成に失敗してしまいました。
    CPUは3.6ghzでメモリは4gbなんですがスペックが足りていないのでしょうか?

  18. 初心者 より:

    お世話様になります。
    初歩的な質問で恐縮ですがよろしくお願いいたします。

    MacとWindowsを使用し文章を作った結果、最終的にファイルをjpgに統一しました。
    NODO epub maker 1.7を使用させて頂き、全てのjpg画像をリストアップし140の画像リスト
    (jpg表示)を作成しましたが、その後のepubファイルの作成、保存方法が分かりません。

    大変お手数ですがご指導いただけますでしょうか。

    • nk. より:

      ご利用いただきありがとうございます。
      説明不足でしたね。
      画像をリストアップしたあとは、上メニューバーの[ファイル]→[保存]でepubファイルにできます。

      • 初心者 より:

        お世話になります。
        早急なご対応ありがとうございます。
        現在進めておりますが、epub化の途中でエラーが発せして苦戦中であり、確認作業に少々時間が必要だと思われますので、お礼と報告を兼ねて連絡させていただきます。

        当方も上メニューバーの[ファイル]→[保存]を実行しましたが、しばらく変化がなく諦めておりました。
        ご連絡を頂き、さらに時間を取ると下記のようなエラーが発生しました。
        このエラーを無視し続行すると、指定場所に759MBの.epubファイルが出来ておりました。(原本のjpgファイルは148頁、カラーの絵と写真を含む)
        epubリーダーのReadium等で内容確認を行いましたが、2~3時間動作し続けて止まりません。
        他のPCでもエラーの発生は同じです。取り合えず、もう少しトライしてみようと思っています。
        PC:Windows10 64BIT(RAM :ノート4GB&ディスクトップ16GB)
        ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
        (以下エラー内容で、A4版で5頁くらいの内容です)
        アプリケーションのコンポーネントで、ハンドルされていない例外が発生しました。
        「続行」をクリックすると、アプリケーションはこのエラーを無視し、続行しようとします。「終了」をクリックすると、アプリケーションは直ちに終了します。
        GDI+で汎用エラーが発生しました。

        ▼詳細        続行       終了

        以下、詳細をクリックして表示された文章です。

        Just-In-Time (JIT) デバッグを呼び出すための詳細については、
        ダイアログ ボックスではなく、このメッセージの最後を参照してください。

        ************** 例外テキスト **************
        System.Runtime.InteropServices.ExternalException (0x80004005): GDI+ で汎用エラーが発生しました。
        場所 System.Drawing.Bitmap..ctor(String filename)
        場所 epub_maker.MangaImage.LoadImage()
        場所 epub_maker.Form1.保存ToolStripMenuItem_Click(Object sender, EventArgs e)
        場所 System.Windows.Forms.ToolStripItem.RaiseEvent(Object key, EventArgs e)
        場所 System.Windows.Forms.ToolStripMenuItem.OnClick(EventArgs e)
        場所 System.Windows.Forms.ToolStripItem.HandleClick(EventArgs e)
        場所 System.Windows.Forms.ToolStripItem.HandleMouseUp(MouseEventArgs e)
        場所 System.Windows.Forms.ToolStripItem.FireEventInteractive(EventArgs e, ToolStripItemEventType met)
        場所 System.Windows.Forms.ToolStripItem.FireEvent(EventArgs e, ToolStripItemEventType met)
        場所 System.Windows.Forms.ToolStrip.OnMouseUp(MouseEventArgs mea)
        場所 System.Windows.Forms.ToolStripDropDown.OnMouseUp(MouseEventArgs mea)
        場所 System.Windows.Forms.Control.WmMouseUp(Message& m, MouseButtons button, Int32 clicks)
        場所 System.Windows.Forms.Control.WndProc(Message& m)
        場所 System.Windows.Forms.ScrollableControl.WndProc(Message& m)
        場所 System.Windows.Forms.ToolStrip.WndProc(Message& m)
        場所 System.Windows.Forms.ToolStripDropDown.WndProc(Message& m)
        場所 System.Windows.Forms.Control.ControlNativeWindow.OnMessage(Message& m)
        場所 System.Windows.Forms.Control.ControlNativeWindow.WndProc(Message& m)
        場所 System.Windows.Forms.NativeWindow.Callback(IntPtr hWnd, Int32 msg, IntPtr wparam, IntPtr lparam)

        ************** 読み込まれたアセンブリ **************
        mscorlib
        アセンブリ バージョン:4.0.0.0
        Win32 バージョン:4.8.4400.0 built by: NET48REL1LAST_C
        コードベース:file:///C:/Windows/Microsoft.NET/Framework/v4.0.30319/mscorlib.dll
        —————————————-
        nodo-epub-maker
        アセンブリ バージョン:1.7.0.0
        Win32 バージョン:1.7
        コードベース:file:///C:/Download/nodo-epub-maker.1.7/nodo-epub-maker.1.7.exe
        —————————————-
        System.Windows.Forms
        アセンブリ バージョン:4.0.0.0
        Win32 バージョン:4.8.4400.0 built by: NET48REL1LAST_C
        コードベース:file:///C:/WINDOWS/Microsoft.Net/assembly/GAC_MSIL/System.Windows.Forms/v4.0_4.0.0.0__b77a5c561934e089/System.Windows.Forms.dll
        —————————————-
        System
        アセンブリ バージョン:4.0.0.0
        Win32 バージョン:4.8.4360.0 built by: NET48REL1LAST_C
        コードベース:file:///C:/WINDOWS/Microsoft.Net/assembly/GAC_MSIL/System/v4.0_4.0.0.0__b77a5c561934e089/System.dll
        —————————————-
        System.Drawing
        アセンブリ バージョン:4.0.0.0
        Win32 バージョン:4.8.4390.0 built by: NET48REL1LAST_C
        コードベース:file:///C:/WINDOWS/Microsoft.Net/assembly/GAC_MSIL/System.Drawing/v4.0_4.0.0.0__b03f5f7f11d50a3a/System.Drawing.dll
        —————————————-
        System.Configuration
        アセンブリ バージョン:4.0.0.0
        Win32 バージョン:4.8.4190.0 built by: NET48REL1LAST_B
        コードベース:file:///C:/WINDOWS/Microsoft.Net/assembly/GAC_MSIL/System.Configuration/v4.0_4.0.0.0__b03f5f7f11d50a3a/System.Configuration.dll
        —————————————-
        System.Core
        アセンブリ バージョン:4.0.0.0
        Win32 バージョン:4.8.4390.0 built by: NET48REL1LAST_C
        コードベース:file:///C:/WINDOWS/Microsoft.Net/assembly/GAC_MSIL/System.Core/v4.0_4.0.0.0__b77a5c561934e089/System.Core.dll
        —————————————-
        System.Xml
        アセンブリ バージョン:4.0.0.0
        Win32 バージョン:4.8.4084.0 built by: NET48REL1
        コードベース:file:///C:/WINDOWS/Microsoft.Net/assembly/GAC_MSIL/System.Xml/v4.0_4.0.0.0__b77a5c561934e089/System.Xml.dll
        —————————————-
        System.Windows.Forms.resources
        アセンブリ バージョン:4.0.0.0
        Win32 バージョン:4.8.4084.0 built by: NET48REL1
        コードベース:file:///C:/WINDOWS/Microsoft.Net/assembly/GAC_MSIL/System.Windows.Forms.resources/v4.0_4.0.0.0_ja_b77a5c561934e089/System.Windows.Forms.resources.dll
        —————————————-
        Accessibility
        アセンブリ バージョン:4.0.0.0
        Win32 バージョン:4.8.4084.0 built by: NET48REL1
        コードベース:file:///C:/WINDOWS/Microsoft.Net/assembly/GAC_MSIL/Accessibility/v4.0_4.0.0.0__b03f5f7f11d50a3a/Accessibility.dll
        —————————————-
        System.IO.Compression.FileSystem
        アセンブリ バージョン:4.0.0.0
        Win32 バージョン:4.8.4084.0
        コードベース:file:///C:/WINDOWS/Microsoft.Net/assembly/GAC_MSIL/System.IO.Compression.FileSystem/v4.0_4.0.0.0__b77a5c561934e089/System.IO.Compression.FileSystem.dll
        —————————————-
        System.IO.Compression
        アセンブリ バージョン:4.0.0.0
        Win32 バージョン:4.8.4084.0 built by: NET48REL1
        コードベース:file:///C:/WINDOWS/Microsoft.Net/assembly/GAC_MSIL/System.IO.Compression/v4.0_4.0.0.0__b77a5c561934e089/System.IO.Compression.dll
        —————————————-
        System.Drawing.resources
        アセンブリ バージョン:4.0.0.0
        Win32 バージョン:4.8.4084.0 built by: NET48REL1
        コードベース:file:///C:/WINDOWS/Microsoft.Net/assembly/GAC_MSIL/System.Drawing.resources/v4.0_4.0.0.0_ja_b03f5f7f11d50a3a/System.Drawing.resources.dll
        —————————————-
        mscorlib.resources
        アセンブリ バージョン:4.0.0.0
        Win32 バージョン:4.8.4084.0 built by: NET48REL1
        コードベース:file:///C:/WINDOWS/Microsoft.Net/assembly/GAC_MSIL/mscorlib.resources/v4.0_4.0.0.0_ja_b77a5c561934e089/mscorlib.resources.dll
        —————————————-

        ************** JIT デバッグ **************
        Just-In-Time (JIT) デバッグを有効にするには、このアプリケーション、
        またはコンピューター (machine.config) の構成ファイルの jitDebugging
        値を system.windows.forms セクションで設定しなければなりません。
        アプリケーションはまた、デバッグを有効にしてコンパイルされなければ
        なりません。

        例:

        JIT デバッグが有効なときは、このダイアログ ボックスで処理するよりも、
        ハンドルされていない例外はすべてコンピューターに登録された
        JIT デバッガーに設定されなければなりません。

        • nk. より:

          詳細なエラー内容を送っていただきありがとうございます。

          こちらの環境では再現されていないのでわからないのですが、エラー内容を調べたところ複数の可能性が出てきました。画像を読み込む際にエラーが起きているようです。

          1. 該当画像がほかのソフトで開かれてロックされている
          他のソフトでその画像が開かれてファイルがロック(自分以外のソフトがその時編集できないように保護すること)されているとそのエラーが発生することがあるそうです。もし、他のソフトで画像を開いているなら、そのソフトを終了させてみてください。
          また、一部のソフトは終了後もファイルロックが維持されている場合があります。これはOSを再起動すると直るので、そのあとまた試してみてください。

          2. 画像が大きすぎる
          読み込もうとしている画像の縦横のサイズが大きすぎてもそのエラーが発生するようです。
          サイズが大きすぎる画像がないか確認し、もしあれば、ほかの画像編集ソフト等で影響の出ない程度に小さくリサイズしてから試してみてください。
          (これの可能性が高い気がします)

          3. 画像に読み書き権限がない
          Windowsなのでこの可能性は低いと思いますが、その画像に読み書き権限がない場合もこのエラーが発生しうるようです。
          画像をネットワークドライブ等から読み込んでいる場合、一度、マイドキュメント等の別の場所に画像を移してから試してみてください。

          もし上記のいずれも当てはまらない場合、差し支えなければepubにしようとしている画像群を送っていただくことはできるでしょうか。
          よろしくお願いいたします。

          • 初心者 より:

            返信ありがとうございます。
            お騒がせしてしまい申し訳ありません。
            私自身、更に確認したいこともあり、アドバイス頂いた内容を含め検討させて頂きます。
            少し時間を要すると思いますが、又相談をさせて頂ければありがたく思います。

          • nk. より:

            ご不便をおかけして申し訳ありません。
            また何かございましたらお気兼ねなくお申し付けください。

  19. 初心者 より:

    大変お手数をおかけしてしまいましたが、とりあえずepub変換出来ましたのでご報告いたします。又epub 変換File はFBreaderで読めています。(感謝!)
    大変お世話になりありがとうございます。
    ーーーーーーーーーーーーーー
    下記の通りご報告いたします。
    アドバイスを頂いた内容と今までの経緯から、jpgファイル数(容量)を少なくしてトライしてみた結果、jpg148FileのepubFile化が可能になりました。
    (画像のリスト化からほぼ6File 以上でエラー発生しています)
    尚jpg File の大きさは(4958×7017)から(9917×14033)、必要以上に大き過ぎるようです!

    1. 従ってJpgファイルを5ファイルずつepub変換してみました(画像の追加→先頭に追加)
    2. jpgファイル5Fileでもエラーが発生するケースがありました(頭のFileがエラーとなる)

    エラーの一例
    jpg File 131~135(53.3MB)→エラー 135番ファイル削除 →41.3MB epub変換OK(33.2GB)
    jpg File 116~121 (61.3MB)→エラー 121番ファイル削除 →53.1MB epub変換OK(39.4MB)
    この2つの結果からみるとjpgFileの全容量が53MBあたりが限界点のようにも思われます。
    その他はjpg File 5Fileずつepubに変換できています。

    当方のパソコン環境
    DESKTOP-GCLNQG4
    AMD Ryzen 5 2600 Six-Core Processor 3.40 GHz
      16.0 GB
      64 ビット オペレーティング システム

    上記PCでjpgの148ファイルを「画像リスト」タブを開き、画像の入ったフォルダを灰色の部分にドラッグアンドドロップするとjpgFile 122~127の6画面がリスト表示され、最初の122File の画像部にX印が付いて(画像なし)その下にjpg5File が画像と共に表示されます。
    FBreader確認したところ、そのjpg5画像は正常にepub変換されていました。

    2)ACERノートパソコン(7~8年前購入の古いPC)
      プロセッサー:Intel-Core i5 2467M
      実装RAM  :4GB
      システム  :64 ビット オペレーティング システム

    2)のPCで148Fileをドラッグアンドドロップしたところ148画面リストアップされました。
    しかし前回ご報告させて頂きましたようにエラー表示が出てしまいます。
    無視して続行し、保存されたepubファイルはFBreaderで開くことはできませんでした。

    *148ファイルの多くの使用ソフトはMacのClaris Works。これをWindows用Claris Works用に変換しましたが、このソフトは32BITで Windows7以前のソフトでのみ動作するため変換に少々面倒な思いをしました。
    又Claris Worksからは何故か直接JPEGに変換出来なかったため、一旦pdf変換を行いそのファイルをJPEG変換致しました。後日WORDで作成したファイルは直接JPEG変換しています。
    昔から数台のOSの異なるPCを経由して作成されたファイルもあり、ご迷惑をおかけしたのかもしれません。

    まだ5合目辺りですが、お陰様で何とか目鼻が付きそうでほっとしています。
    大変お世話になりありがとうございました。
     
    不足のデーター等がありましたらお申し付けください。(個人メールへの連絡を希望します)
    当方の実力で対応できるかどうか不明ですが出来る限り努力いたします。

    • nk. より:

      ご連絡ありがとうございます。
      一応こちらのほうでもテストしてみました。(nodo epub maker v1.7)

      画像総数2000枚(計880MB、縦横サイズ1600×1124)のepubファイルの作成に成功、Readiumでの表示もできました。
      やはり、画像の総容量ではなく、画像の縦横サイズが問題のように思われます。
      なんらかのソフトで該当する画像の縦横サイズを変更してみてはいかがでしょうか。
      当ソフトで使っている該当ライブラリ(画像の読み込み処理)はWindows標準のものなので、おそらくこのバグは簡単には修正できないように思います…。

      参考までに、こちらのマシンスペックは以下の通りです。
      CPU: Intel Core i7-8086K 4.0GHz
      RAM: 32GB
      Windows 10 pro 64bit

      • 初心者 より:

        重ね重ねアドバイスをありがとうございます。
        検討させていただきます。

  20. 法人 より:

    お世話になります。突然の書き込みで失礼いたします。
    こちらの「NODO epub maker」ソフトについて
    法人利用をさせて頂くことはできますでしょうか。
    その場合、費用は発生するのでしょうか。
    ご確認の程よろしくお願い致します。

    • nk. より:

      ありがとうございます。

      当ソフトで作成したepubファイルを販売していただくことに関しては個人法人問わず無料で可能です。
      ただし、動作保証や出来上がりの保証はしませんし、サポートもありません。
      (バグや機能改善に関しては可能な限り対応いたしますが、特別な対応はできませんことをご了承ください)
      当ソフトを利用したことによってコンピュータが異常をきたしたり、作成したファイルに何か問題がございましてもこちらでは責任を取りませんが、それでもよろしければご利用ください。

      また、以下の行為はご遠慮ください。
      ・当ソフト自体の再販(有料雑誌等での紹介は、このソフトが無料であることを明記し、当ブログへのリンクを併記してください)
      ・当ソフトを自社製であるかのように表記すること(著作権は放棄しておりません。法人内で利用する際も、バージョンの問題がありますので、できるだけ再配布という形ではなく当ブログへのリンクを掲載という形でお願いします)

      また何かご質問・ご相談がございましたら遠慮なくお申し付けください。
      よろしくお願いいたします。

      • 法人 より:

        返信ありがとうございました。
        動作保証や、サポートにつきまして、また、著作権、再販につきましても
        承知いたしました。販売するわけではないのですが、
        とても便利なツールでしたので助かります。
        ありがとうございます!

998 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事